レンズを高く買取ってもらうコツ

カメラレンズを買取してもらうなら、1円でも高く買取してもらったほうがよいでしょう。レンズにカビが生えていて曇りがひどいなど状態が悪いものは、高価買い取りのお店でも安くなる恐れがあります。高いお値段が付きやすいのは、箱や取り扱い説明書、備品が揃っているものです。もしなければまとめて買い取りをお願いして、価格を上乗せできないのか交渉してみることもできます。ただし、買い取り専門店では元箱にこだわらず引き取ってくれるところもありますから、幾つか見積もりを依頼して高くなるところに売るのが一番です。

また、いろいろと買取業者を比較してみて、上限価格から値引きされにくいところを選ぶのもポイントです。通常の傷程度なら価格保証を付けてくれ、大幅に値引きしない業者もあります。買い取り価格に自信がある業者は、WEBサイトや広告チラシなどにもしっかり価格保証のことを記載しています。純正品なら基本価格を明記していることも多く、お値段を確認してから査定をお願いできるメリットがあります。

純正品以外だと大手買い取り業者だけでなく、いろいろと比較してみるようにしましょう。社外品はどうしても安くなりがちのため、根気よく価格を比較するのが高く売るコツです。