レンズを高く買取ってもらうコツ

カメラレンズを買取してもらうなら、1円でも高く買取してもらったほうがよいでしょう。レンズにカビが生えていて曇りがひどいなど状態が悪いものは、高価買い取りのお店でも安くなる恐れがあります。高いお値段が付きやすいのは、箱や取り扱い説明書、備品が揃っているものです。もしなければまとめて買い取りをお願いして、価格を上乗せできないのか交渉してみることもできます。ただし、買い取り専門店では元箱にこだわらず引き取ってくれるところもありますから、幾つか見積もりを依頼して高くなるところに売るのが一番です。

また、いろいろと買取業者を比較してみて、上限価格から値引きされにくいところを選ぶのもポイントです。通常の傷程度なら価格保証を付けてくれ、大幅に値引きしない業者もあります。買い取り価格に自信がある業者は、WEBサイトや広告チラシなどにもしっかり価格保証のことを記載しています。純正品なら基本価格を明記していることも多く、お値段を確認してから査定をお願いできるメリットがあります。

純正品以外だと大手買い取り業者だけでなく、いろいろと比較してみるようにしましょう。社外品はどうしても安くなりがちのため、根気よく価格を比較するのが高く売るコツです。

カメラレンズ買取り店の特徴

カメラレンズ買い取り店にもさまざまなものがあるため一概にいえませんが、ネットで受付して宅配買い取りをしているお店では、大体次のような流れとなります。

安心して依頼できそうな買い取りのお店を見つけたら、見積もりや査定申し込みページより必要事項を記入して送信します。ショップによってはWEBサイト上に価格の目安を掲載しているところもありますので、事前に目安を確認しておくとよいでしょう。見積もりの価格は1店舗のみだと比較することはできないため、数箇所依頼するとわかりやすくなります。最初にコンタクトする見積もりの依頼とは、カメラレンズ本体を送らず、型番やレンズの状態で判断するものです。どの買い取り業者でもメーカー別に買取価格の目安を設けており、時間をかけずに回答がきます。その価格で納得したら、レンズを業者にレンズを送り具体的な査定価格を出してもらいます。

関連資料〔カメラ買取専門店|カメラ高く売れるドットコム〕

レンズを発送する場合は、梱包キットを業者から発送してもらう場合や、自宅のダンボールなどの梱包品を使う方法があります。このときに間違っても見積もりを依頼する前に、勝手に業者にレンズを送りつけることは避けてください。最初の見積もりでやり取りすることで、依頼する側は大まかな価格がわかり、業者も買取できるレンズなのかがわかるのです。双方にとってもメリットがあるため、事前の申し込みを忘れないようにしましょう。

買取りが期待できるカメラレンズ

カメラのレンズが要らなくなった、新しいものと買い換えたいなどのケースでは、古くなったカメラレンズをどうするかは迷う方が多いのではないでしょうか。カメラを扱う人ならご存知のとおり、レンズはカメラ本体と異なり故障も少なく資産価値があります。これからカメラを始めようとする初心者の方、趣味でカメラをやっていてレンズを買い換えたいなど、中古を求めるニーズもあります。そのため、処分するときに考えたいのが買い取りです。しかし、ニーズがあって買取価格が高くなりやすいといっても、メンテナンスが悪ければお値段が下がることもあるため注意してください。

カメラレンズの買い取りの場合、状態がランク付けされ価格が決まってきます。新品同様なら買い取り相場と同等のお値段が期待できますが、ランクが下がるごとに価格も下がっていきます。一般的に価格が下がりにくいものは、外観に傷が少なく正常に動作するものです。しかし、長く使い続けていれば外観に多少傷や汚れはついてしまいます。それでも正常動作するものなら、買い取り価格が付く可能性があるといえます。

当サイトではカメラレンズを買い取っている業者の使い方から、高く買い取ってもらうコツなどを紹介しています。使わないレンズを長くしまいこんでいれば、湿気によりカビが生えてジャンク品になることもありますから、早めに買取情報をチェックしておきましょう。ただし、ジャンク品でも格安で買取販売しているところはあるため、買取できないと諦めず査定をお願いしてみるのがポイントです。